西枇杷島駅ホーム改良の話その2

イメージ 1
愛知県清須市名鉄西枇杷島駅名古屋方面行ホーム 2019-05-24↑
 ☆撮影機材@350:アルファ350 DT18-70広角-SAL1870 f5.6 シャッター速度1/800 ISO100

待避線の隣に留置線があります。
留置線には回送されてきた列車が見かけられました。
左端の線です。
急行や普通列車によく充当される車両が留置されてました。
今日はいませんね。

イメージ 2
愛知県清須市名鉄5000系名鉄西枇杷島駅名古屋方面行ホーム  2019-05-24↑
 ☆撮影機材@350:アルファ350 DT18-70広角-SAL1870 f5.6 シャッター速度1/640 ISO100 

西枇杷島駅を通過する急行吉良吉田行です。
ホーム上は無人なので迷わず通過していきますね。
狭いホームでも停車する列車が来る直前までホームに入れないので。
通過列車が来ても安心です。

イメージ 3
愛知県清須市名鉄2200系名鉄西枇杷島駅岐阜方面行ホーム  2019-05-24↑
 ☆撮影機材@350:アルファ350 DT18-70広角-SAL1870 f5.6 シャッター速度1/800 ISO100 

西枇杷島駅を通過する特急岐阜行です。
列車の幅よりホームの幅が狭い!!
比べてみるとホームの狭さが際立ちますね。

ホームの改良で待避線がなくなるそうですが・・・・・。
名古屋市岐阜市を結ぶ幹線なので通過する列車が非常に多いので狭いホームは安全上問題ですね。
待避線を撤去してホームを拡張するのは已むえないですね。
駅舎の配置や構内踏切はどうなるか?
留置線はどうなるか?

今後の情報が気になりますね。

おわり>